【質問】低い打点のワイパーショット

istockphoto_7651615
実践ワイパースイングを見ています。非常にレベルが高いですね。
この中で質問があります。高い打点を内側にコスる、というイメージはわきますが
低い打点を内側にはコスれませんよね? この場合は下から上の「縦の回転」だけでしょうか?
それとも低い打点にも「横回転」を加えるのでしょうか?

blog_catch1 FROM 事務局より回答

実践ワイパースイングでは
おっしゃるように高い打点が中心になっており
ワイパースイング自体が「高い打点」を基本として紹介しております。

その理由は、高い打点だけは特殊な打ち方なので
高い打点ができれば、低い打点も腰の高さもできる
という新井コーチの考え方があったのでこういった構成になっています。

低い打点についての打ち方はワイパーZEROという商品になっています。
ただし、こちらはあまり回転がかからない、初中級者向けの内容となっています。

低い打点では、ボールの内側ではなく「ななめ外側」をこすることになります。
(※ショートクロスに打つようなイメージ)

実際には、ほんの少し外側という程度ですが
目的とするのは、「横の回転」をMIXしたいことです。

昔のスピンの技術は、下から上の縦の回転のみ
でしたが、この技術だと、ボールは落ちても「深さ」が
安定しないという弱点がありました。

つまり浅くなりやすい、という欠点がありました。

逆にスライス回転は「横」の回転で
深さは安定しますが、強いボールは打てません。

その両方のメリットを生かして現在の技術では
「縦のスピン回転」に加えて、ほんの少しだけ
「ななめ」からこすることで、スピードを残しつつ
ボールの深さを安定させることができるテクニックが主流となってきました。

ナダルのボールなどは、まるでブーメランのように
弧を描いているのもそういった技術です。

新井コーチの「ボールの内側」も同様で
高ければ「内側」、低ければ「外側」と極端に話していますが
実際には、ほんの少し「ななめ」と
考えてもらえればスピンの深さが安定してくると思います。

これが縦のスピンに横の回転を加えるメリットです。

参考の動画をお見せします。

低い打点から、ナナメ外側をこすり上げることで、ブーメランのようなショットを打っています。
これもワイパースイングの一種です。



waiper-banner_set


【合宿】バックハンドスライスの手首の角度

FROM 新井流フルスイングテニス塾

blog_catch1

ダブルスでは予測不能なボール
に対してスライスを使わざる得ない場面が頻繁に訪れます。

しかしスライスはなんとなく打てるので
しっかりと練習をしていない人が多く
「なんとなく打っている」人も多くいます。

しかし試合になると

・スライスが浮いてしまいポーチ…
・短くなって打ち込まれる…

というスライスのミスショットも
目に見えたイージーミスではないにしろ
相手にボレーされるミスショットになっている…

もしあなたがバックハンドの
片手スライスに関して独学であれば

まずはこちらの
「正しいラケットセットの方法」から学んでみてください。

新井流合宿より、動画をご用意しました。


【合宿】スピードの速い突き球へのボレー対策

FROM 新井流フルスイングテニス塾

blog_catch1

「スピードの速い突き球へのボレー」

ダブルスで、ボレーが短くなってしまい
至近距離からのストロークで打たれる。

その場合は、どんな形で待っていますか?

「スピードの速い突き球への対応」

ラケットを振る、振らないは
ここではあまり重要ではありません。

なぜかというと、時間がないので
「振れない」ので自然にコンパクトになります。

このボレーをカウンターでブロックして
逆にウィナーにするためには
どんな状態でボールを待てばいいのか?

ということで、今日は
「スピードの速い突き球に対するボレーの対応」をシェアします。

新井流のボレーは3種類あります。

1つ目はネットに近い場所で、浮いたボールに対して
手首をつかい、腕もふる、スピードのあるボレー。

こちらは「切る」「叩く」という言葉がぴったりのイメージです。

2つ目は、ネットに遠い位置での、つなぐボレーです。

手首は固定しますが、腕は大きく振ります。
ストロークのラリーの時に、アウトボールをボレーで
ポーンと返してあげるイメージですよね?

こちらは、「運ぶ」「つなげる」「押し出す」のイメージです。

では、その中間のボレー。

特に接近戦でのボレーの時に効果を出すのが
新井流の「第3のボレー」です。

こちらのボレーは、腕も、手首も固定します。

さあ、スピードのある接近戦に強いという
第3のボレーとは、一体どんなボレーなのでしょうか?

合宿より、動画をご用意しました。

 



volley


【合宿】3つのボレーの明確なテクニックの違い

FROM 新井流フルスイングテニス塾

blog_catch1

ボレーは一般的に高さに応じて、3種類の呼び名があります。

ミドルボレー

ハイボレー

ローボレー

この3つのボレーの肘の使い方や、手首の使い方
また腕の使い方はどう違うのでしょうか?

よく試合で足ものとボレーをミスしてしまい

「もっと膝を曲げないと!」

と低い姿勢で何度か素振りをしている人がいますが
果たして、本当に姿勢だけの問題でしょうか?

新井コーチは3種類のボレーを呼び名だけではなく

明確な技術の違いとして見せてくれます。

新井コーチが区分けした、3種類のボレーについての
それぞれのテクニックの違いを動画でご覧ください。




volley


【合宿】なぜ、フェデラーは手打ちに見えるのか?

FROM 新井流フルスイングテニス塾

blog_catch1

フェデラーを見ていると、いとも簡単にボールを打っています。

「まるで、手打ちのようにみえる。」

そんなことはないでしょうか?

スクールでは「手打ち」を注意されます。

でも綺麗にスイングする人は、簡単に
シンプルに振るので、コンパクトに見えます。

手打ちと身体を使っている、一体、何が違うのでしょうか?

身体を使って打ちなさい!

と言われる人は、自分では、身体を使っている。
でも人からみれば、手打ちに見える。

上手な人は、身体を使って打っているけど
人から見れば、手打ちに見える。

何が違うのでしょうか?

新井コーチに、「手打ち」について聞いてきました。

すると、新井コーチは、「手打ちをすすめる」のです。

一体どういう事でしょうか?

動画をご覧ください。




【合宿】スピンがよくかかる、「上手な手首のこね方」とは…?

FROM 新井流フルスイングテニス塾

blog_catch1

「ストロークの時に手首は使うのか?」

…という質問にあなたはならどう答えますか?

昔からテニスをしている人は
「手首は固定する」と教えられたこともあったでしょうし

最近テニスを始めた人は
「手首は自然に使う」という風に考えてるのではないでしょうか?

多くの人が、手首は「自然と使っている」
という回答が多いのかもしれません。

では次の質問です。

「手首はどう使いますか?」

錦織圭、フェデラー、ジョコビッチ
ナダルなど、どの選手を見ても

ある意味、手首を「こねて」います。

ネット際やショートクロスショートラリーなど…

スピン量を増やしたい時には
「こねる」意識はあるかもしれません。

そこで、新井流フルスイングテニス塾の新井コーチに
「上手な手首のこね方」と聞いてみました。





【合宿】新井コーチが注意するエースをねらってはいけない場所とは?

2014年11月23日(日)・11月24日(月)に新井流の合宿を京都で行いました。

その中で新井コーチが話されていたことを紹介します。

blog_catch1

テニスはミスが多いほうが負けるスポーツ。

打ち込むよりも、ミスを少なくすることを練習したほうが手っ取り早く強い。

けど。

打ち込みたい。自分が決めたい。

豪快に。プロのように気持ちよく、エースをねらいたい。

そんな愛好家が求めるのが新井流フルスイングテニス塾。

思い切りラケットを振り切って、スピンをかけて
コートに収まるボールをワイパースイングで打つ。

これが新井流のコンセプト。

新井流の合宿においても、「振らなくて(フルスイングじゃなくて)」
注意されることはあっても

「振りすぎて、打ち過ぎて」注意されることはほとんどありません。

その中の例外を今日はご紹介します。

打ち過ぎてはいけない。

これは打ってはいけない。

という新井コーチが注意する場所とは・・・

合宿の中で話されていたアドバイスをお聞きください。

 




【合宿】バックボレーをたたくための肘の使い方

2014年11月23日(日)・11月24日(月)に新井流の合宿を京都で行いました。

その中で新井コーチが話されていたことを紹介します。

blog_catch1

力が入らない、バックボレーの悩み・・・

テニス歴が長い方でも

「バックボレー」について
悩んでいる人は多いようです。

その悩みはというと…

・力が入りにくい

・スピードが出ない

・回転がかかりすぎる

・打点がズレる

など、力の入りやすい
フォアボレーとは違い

パワー不足に関する悩みが多いようです。

女性などは、両手打ちのボレーだと
バックボレーが好き、という方もいらっしゃいますが

片手だと「力が入りにくい」
両手だと「力が入るので楽」ということであれば

どうやって片手のバックボレーで
力のあるショットを打てるのか?

ボレーに関してもフルスイングを
提唱する新井湯太加コーチに

叩ける、気持ちのいいバックボレーを
打つためのコツを聞いてきました。

 




volley-blog


【合宿】フェデラーのように見えるスイングのコツ

2014年11月23日(日)・11月24日(月)に新井流の合宿を京都で行いました。

その中で新井コーチが話されていたことを紹介します

blog_catch1

「手打ちはダメ。」

「身体全身を使わないと
力強いボールが打てない。」

ほら、プロをみてください。

あれだけ身体を使っているでしょ?

このような会話を聞いたことがありませんか?

でもね、

「プロの選手は極力、手打ちでテニスをできるないか?」と考えている部分もある。

身体全身を使って、200キロのサーブを打つ人と

手打ちだけで200キロのサービスを打つ人だったら
どっちがテニスで有利か? と考えると

手打ちが有利だよ、と。

テニスは連続して動作を行うスポーツだから
あまり動作がダイナミックすぎると、次の動作に遅れが出る。

だから手打ちは、バランスが崩れず
同じスピードが出せるなら、手打ちがいい。

だって、フェデラー見てよ?

「手打ちに見えませんか?」

フェデラーの憧れるファンのために
新井コーチが明かした

フェデラーのように見えるスイングの方法
を合宿の中より、動画で撮影したものを公開します。



img_dvd_set-06


【動画】攻撃的なトップスピンロブの上げ方について

新井流フルスイングテニス塾 静岡練習会より

トップスピンロブについて。

IMG_2018

新井:ラケットを斜め上にこすり上げようとすると、
トップスピンロブって、うまくあがらないんですよね。

この形だと、上手くいきます。

極端に言うと、打った後、後ろに戻す感じでスイングをする。

これくらいじゃないと、実践では叩かれてしまう、使えないロブになってしまうんですよ。



攻撃的なトップスピンロブはこちら ↓

img_dvd_set-06